Sexy Zone 14thシングル 『ぎゅっと』楽曲レビュー

f:id:moca7080:20171005234314j:image

Sexy Zone14枚目のシングル、『ぎゅっと』が10月4日に発売されました。

表題曲『ぎゅっと』は菊池風磨くん主演ドラマ『吾輩の部屋である』の主題歌になっています。

小学生と一緒に歌って踊ったMVは本当にあたたかく、優しく、わたしは涙ぐんでしまいました。

MVも素敵なのですが、このCDに収録されている5つの楽曲が本当に本当に素晴らしかったので、感想のようなレビューのようなものを書きました。

少しでもこのCDの良さが伝わったらいいな、と思います。

 

収録曲は以下のとおりです。

 

<初回盤A>

1.ぎゅっと

2.秘密のシェア

 

<初回盤B>

1.ぎゅっと

2.HIT THE HEARTBEAT

 

<通常盤>

1.ぎゅっと

2.Rainbow Light

3.アナタノセイデ

 

初回盤Aの収録曲から順番に紹介していきます。

※とっても浅い音楽知識なので色々と間違っていても目を瞑っていただけたら幸いです……!

 

ぎゅっと

作詞:宮田航輔(nicoten)/菊池風磨  作曲:ひろせひろせ  編曲:CHOKKAKU


ありふれたことしか言えないのですが、とても優しくあたたかい曲です。
この曲に関しては各所でメンバーがたくさん話をしてくれています。
風磨くんの言っていた「仲間や家族や周りにいる人、そしてメンバーへ向けて作った歌」というのが一番分かりやすくこの曲を表しているかなと思います。風磨くんと詞を共作した宮田さんは「5人が歌う5人の為の歌があってもいいのかなと思いながら菊池くんと共作しました」とも言っていました。
わたしは大サビ前の健人くんのパートが本当に好きです。

それでも夜は明けるけれど 君にとっては ツラいんだろうな

「明けない夜はないよ、元気を出して」と励ますのではなく、ツラいんだろうなとその落ち込んだ気持ちを掬い上げてくれるのが本当に優しくて素敵だなあと思います。
がんばってる人の背中を押すだけじゃなく、がんばれないな、と思っている人のことも、あたたかく優しく包み込んで前向きな気持ちにさせてくれます。

 

秘密のシェア

作詞:タナカヒロキ(LEGO BIG MORL)  作曲:馬飼野康二  編曲:CHOKKAKU

 

SMAPの『Dear WOMAN』を彷彿とさせる華やかでメロディアスなサウンドに、5人それぞれが高らかに歌い上げていてとっても気持ちの良い曲です。
『秘密のシェア』というタイトルを見たとき、危ない秘密を分け合うダークでアダルトな曲か、静かでこじんまりと優しい曲か、どちらかかな、なんて考えていたのですが、こんなにドラマティックな曲だとは!
Sexy Zoneとシェアする秘密、友達とは違う顔のとっておきの君だなんて、あまりにもロマンティックすぎませんか。

いたずらなその君の顔secret
他の人には見せないで 守れる?

絶対守る。

secretのところでは絶対に人差し指を唇にあてて微笑んでほしいです。守れる?で首をかしげる風磨くんが見たい。

サビに1番からラスサビまで固定のソロパートがあるのですが、それがとっても素敵なんです。

勝利「困ったような」
健人「恥ずかしそうな」
風磨「絶妙な君の顔 愛しい」

聡「誰にも言わない?」

マリウス「内緒にできる?」
健人「二人だけという言葉 嬉しい」

聡マリちゃんパートは、誰にも言わない?内緒にできる?ってでろでろに甘ったるく囁かれるのもいいし、ひっそりと静謐な目をした二人から迫られるのも良いですね。

 f:id:moca7080:20171005233602j:imagef:id:moca7080:20171005233435j:imagef:id:moca7080:20171005233752j:image

 

HIT THE HEARTBEAT

作詞・作曲:堂島孝平  編曲:生田真心


堂島サウンド〜〜!!軽快で爽快なファンクチューン(で合ってるかな)です。
Aメロはさすがの健人くんと風磨くんが聴かせてくれます。個人的にここのふまけん、歌い方がそれぞれに寄ってるような気がしています。そこを追いかけるコーラスの聡マリちゃんパートが涎出ちゃいそうなほど良いので是非聴いてほしい。
サビのソロパートは冒頭風磨くん→1番健人くん→2番マリウスくん→ラスサビ①聡くん→ラスサビ②勝利くんが担当しているのですが、マリウスくんと勝利くんの歌詞が本当〜〜〜〜〜に最高なの、ほんとに。聴いてほしい。
2番でマリウスくんは「僕は あなたを ひとりにさせない」と歌っていて、勝利くんは最後に「僕は あなたを ひとりにできない」と歌っています。マリウスくんの深くて甘くてまあるい癖のある声で、ひとりにさせない、と言い切ってくれる心地よさ、そして勝利くんの切実な、ひとりにできない、で締めくくられる流れにきゅんとしてしまいます。風磨くんの「ヒッザハーッビー」もすっごくカッコいいから聴いてほしい。
聴いてほしいしか言ってない……

 

Rainbow Light

作詞:MiNE&Komei Kobayashi  作曲:Stephan Elfgren/Kevin Charge  編曲:生田真心


星空の下、遠くでネオンがキラキラ光る都会のハイウェイをオープンカーで駆け抜けてほしい曲です。同世代の方には伝わると思うのですが、花より男子、F4の世界です!
5人は揃いの黒スーツがいいなあ〜。チーフやネクタイピン、カフスボタンとか、そういうのはキラキラしたかわいいデザインがいいです。S5に内緒のエスコートされたい。
曲の話をすると、4つ打ち?エイトビート?16ビート?のとってもおしゃれなシティポップです。勝利くんの軽快なラップと、ラップ初挑戦の聡くんの対比が最高。しょり聡ラップ!2番の聡くんラップを貫いてくるマリウスくんの英語パートも素敵。

 

アナタノセイデ

作詞:竹縄航太(HOWL BE QUIET)  作曲:Susumu Kawaguchi/Adrian McKinnon  編曲:Susumu Kawaguchi


Sexy Zoneファンの皆さんに大好評の『アナタノセイデ』ですが、そうじゃない人が聞いたら好き嫌いが分かれる曲かもな、と思ったりもしました。
というのも、言葉遣いが少し独特で仰々しく聞こえるんですね。あなたに恋してしまったせいで、こんなにおかしくなっちゃって、どうしてくれるの?という感情を歌っているのですが、たとえば

あなたのせいでこんなにも 苦しくなっているのだよ
この責任はどう取ってくれるおつもり?

なんて、少しびっくりしてしまいますよね。でもね、思い出してください。
これを歌っているのはSexy Zoneのみなさんです!

 f:id:moca7080:20171005234214j:image

この責任はどう取ってくれるおつもり?
ありがたい!非常にありがたいです!
サビのインパクトが強いですが、言葉がとても心地よく音に乗っていて、癖になります。
それぞれのソロパート、たまらなくなっちゃうので是非じっくり聴いてください。
Sexy Zoneは本当に、歌の世界観を表現するのが上手。

 

 

アイドル楽曲の素敵なところって、そのたったワンフレーズを誰が歌うのか、それだけで物語がぶわっと広がるところだと思っています。アイドルファンはみんな、「自担にそのパート!あててくるなんて!まじ最高!STY!*1」と思ったことあるはずです。

それをおいても、Sexy Zone14枚目のシングル『ぎゅっと』は楽曲もMVも、どれも本当に素晴らしいのです。全体的に明るくてテンションの上がる曲が多めかな、と思います。
本当はどの曲も全部聴いていただきたいけれど、いきなり3形態全部買いましょう!とは言えないので、おすすめは初回盤Aです。
表題曲『ぎゅっと』のMV、MVメイキング、ジャケット撮影メイキングに収録曲は『ぎゅっと』、『秘密のシェア』の2曲。こんなにボリューム満点で¥1,296+税。とっても安い。
ここにぽこぽこiTunesのリンクを貼れないのが悲しいです…

sexyzone.ponycanyon.co.jp

www.amazon.co.jp

 

少しでも気になった方は、「Sexy Zone ぎゅっと」で検索してみてくださいね!
そしてCDショップに向かってくれたら嬉しいです。

*1:Sexy Thank you!